« 2010初滑り | トップページ | そうだ!また京都へ行こう!(その1) »

2010年2月 1日 (月)

京都散策

1月30日

大河ドラマ「龍馬伝」にハマリ気味です。
高知好きな私は元々龍馬が好きなのですが、龍馬伝の福山龍馬のカッコ良さにやられ更に惚れたわけです。

で、京都の龍馬に会いに行ってきました。
まず向かったのは霊山歴史館で催し中の大龍馬展。

10013003

大河は福山龍馬の影響で 結構な賑わいです。
幕末の龍馬が関係した歴史が学べ、龍馬暗殺時に刺客が使った刀や部屋にあった血染めの屏風や掛け軸等も展示されていました。
龍馬の実物大フィギュアもあったり。
10013005
福山とはちょっと違う・・・w

歴史を学んだ後は向かいにある京都霊山護国神社へ龍馬のお墓参りです。
10013006 10013007
龍馬の隣りで眠っているのは中岡慎太郎。
お墓の横には二人の像もありました。
ここも観光客で賑わってます。

お墓参りを済ませ、ねねの道を歩いて次の目的地の円山公園へ。
10013008 10013009
ねねの道の塀瓦の上に落ちた椿の花が並ぶ。
円山公園には着物姿の女性も。京都は着物が似合います。

この公園奥にも二人はいます。
10013023
坂本龍馬と中岡慎太郎

八坂神社で参拝した後、東山方面(三条通)へ歩いて移動。
とりあえず今回巡る龍馬ゆかりの地はクリアしたので次は以前から見てみたかった所へ行くことにした。
次の目的地は南禅寺。
東山まで歩いて来て南禅寺まで結構あるよなと気づく・・・
ちょうどお巡りさんがいたので歩いてどのくらいか尋ねたところ、15~20分とのことで歩くことに。でも上り坂で予想よりしんどい。

この三条通の途中に東山ユースホステルがあるのですが、なんとここは龍馬とお龍の結婚式場跡だそう。これは知らなかったので歩いてきてラッキーです。
10013011 10013012

蹴上までやってきました。
左手に関電蹴上発電所であるレンガ造りのレトロな建物の前を通り過ぎて南禅寺へ入ります。
10013013

三門をくぐり法堂でお参りをしてお目当ての場所へ。
ここです。
10013014
水路閣です。
明治14年、琵琶湖から水を引くために造られた運河の橋です。(琵琶湖疏水)
水源の少ない京都に琵琶湖から水を運ぶ為、山々にトンネルを掘って水の道を作ってあります。ここ南禅寺ではちょうど水道橋になっていてその橋の造りがとても芸術的なのです。
TVのドラマなどにもよく登場する有名な場所だったりします。
アニメ好きには聖地だったりもします。(けいおん!)
10013015

橋の上に上ってみると・・・
10013016
ちゃんと水が流れていました。
 
明治や大正時代の建造物は雰囲気が素敵ですよね。

歩いて三条へと戻ります。
時間はもう夕方の4時前。かれこれ4時間歩きまわってます。
お腹が減ったので三条通にあったレストランへ。
10013017 10013018
店頭にあったオムライスに惹かれて入ったのですが、大当たり!!
ウマイ!!レストラン都です。

その後、鴨川のこんな所。
10013019
反対岸まで渡りきれます。

あとは三条から商店街に入り、河原町までぶらぶら。
先斗町経由でまた三条駅へ。

いやぁ~よく歩いた一日でした。
次回の龍馬散策にはレンタサイクルを利用しようと誓ったのでした。

今回散策した地図を貼っておきます。

より大きな地図で 2010 1月30日 京都散策 を表示

|

« 2010初滑り | トップページ | そうだ!また京都へ行こう!(その1) »

コメント

いやあ歩きましたね。
おっちゃん一緒に行ってたら
もう歩きたくない〜ってダダをこねますw

でも京都いいっすよね。
ゆっくり行きたいんですが、なんせ観光地。
裏道散策とかが人も少なくていいですかね?

投稿: cube | 2010年2月 8日 (月) 16時06分

cubeさん
おっちゃんは波乗りしてる時はあんなに元気なのに歩くのは苦手ですか?w

空いてる季節の京都はいいですよ。観光スポットに行かずとも、街中をぶらぶら歩くだけでも楽しい京都です。
あ、車で行くのはオススメしません。

投稿: junGON | 2010年2月13日 (土) 02時37分

久しぶりです~楽しんでますな~日ごと春らしくなり私共も冬眠から目覚め身体が疼いてます・・・龍馬良いですね・・・

投稿: ta88su | 2010年2月27日 (土) 09時03分

ta88suさん
お久しぶりです。お元気ですか?
最近はブログ更新もなかなか出来ずにごめんなさい。

また暖かくなれば山の季節ですね!
山登りして発散!発散!!(笑)

投稿: junGON | 2010年3月 5日 (金) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010初滑り | トップページ | そうだ!また京都へ行こう!(その1) »