« 紅葉とドリアと珈琲 | トップページ | まだ耐えられる »

2008年12月14日 (日)

光のルネサンス

大阪は中之島が光に彩られています。

OSAKA光のルネサンス2008
13日より始まって25日まで。
初日の13日、少し暖かな夜、ぶらぶら散歩してきました。

08121311

このイベント、6年も前から行われていたらしい。
今年はじめて見に来ました。
予想していたよりたくさんの人出。

08121301_2

大阪市中央公会堂や東洋陶磁美術館、国立国際美術館、 フェスティバルホール、中之島は大阪の文化・芸術の発信地。

08121302
ライトアップされた建物も美しく。
中之島には味のある建造物がたくさん。

08121312
大阪市庁舎前には大きなツリー。

08121305
フェスティバルホールもライトアップされて。
今年でこのフェスティバルホールは閉館されます。
フェスティバルホール前の錦橋で点灯式があるという。
待っているとクルーズ船に乗った橋本知事と平松市長がやってきてカウントダウン。

08121306_3

国際美術館と科学館の隣にはWEST LIGHT PARK。
ここでは世界の味が楽しめるフードコートが。

08121308
サイレントナイト・サンドファンタジー
鳥取・砂の彫刻
え!?これ砂なの??!!

一通り見てまわって肥後橋へと戻る。
かなりレトロな雰囲気のビルにソルビバの「里山カフェ」。
08121309
お茶でもと思いビルの前へいくと、3階に「ロハスパッカーズ」なるカフェを発見。
ロハスという雰囲気とパッカーズという旅を連想させる言葉に惹かれた。
店内に電気の照明はなく、灯りはすべてキャンドル。
オーナーはユーラシア大陸とアフリカ大陸を横断してきた現役の大学生。
08121310
旅を通じて気づいた地球の環境異変。
何かを、の思いで始めたこのカフェは、ドリンクを一杯注文すると、タンザニア・キリマンジャロに木が一本植林されるシステム。
少し楽しいはなしを聴けた夜。
LOHAs’Packers & Café Bar

|

« 紅葉とドリアと珈琲 | トップページ | まだ耐えられる »

コメント

とてもきれいなイルミネーションですね。
私たちも何度か行きました。
機会があれば今年行ってみたいです。

投稿: のり | 2008年12月14日 (日) 22時02分

のりちゃん
久しぶり~、お元気??

毎年やってたなんてぜんぜん知りませんでした。
エリアが広いもんで、全部は見てないんですよ。だからまた見に行こうと思ってます。

投稿: junGON | 2008年12月15日 (月) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71767/26180440

この記事へのトラックバック一覧です: 光のルネサンス:

« 紅葉とドリアと珈琲 | トップページ | まだ耐えられる »