« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

車内積載キャリアを作る(タント編)

雪仲間のクロ嬢が車を購入。初マイカーである。
選んだ車はダイハツのタント。鮮やかなブルーで可愛らしい。
これで自ら運転し、ゲレンデへ通うという男前な彼女である。w
さっそく、「板を車内に積みたいのでキャリアを作って!」と、依頼が。
了解であります!w

タントくん、軽のくせに車内は広い。ヘッドクリアランスも余裕ありありです。
板を頭上に載せてもぜんぜん問題なさそう。サーフボードもいけそうである。
ただ、ひとつだけ問題が。。。。
今まで作った車内キャリアは、アシストグリップに引っ掛けてバーを渡すつくり。
主にミニバンの8人乗り3列シート車で、セカンドとサードにはそれぞれグリップが存在しているものだった。
今回のタントくん、4人乗りの2列シート車だ。助手席にはアシストグリップあるが、運転席には存在しない。さてさてどうしたものか。。。。

運転席にグリップは無いが、たいがいの車にはそこに穴があいている。(見た目はキャップがしてある。) この穴を活用することに。
ターンナットという特殊なネジを使い、ステーを固定する。
しかし、元の穴が小さすぎてターンナットが入らない。。。
そこで、ドリルを使って穴を拡張します。
元の穴は5~6mm、これを10mmぐらいに大きくすればよい。
まだ100kmそこそこしか走っていない新車にドリルを入れるのも気が退けるところだが、クロ嬢はやる気まんまんなのである。w

ちょうどよいステーも探しあて、運転席側 完成であります。
実はこのステーの穴が小さく、バー側のネジ(8mm)が通らなかったので、これまた穴を大きくした。
助手席側はいつも通り、フック型ステーで引っ掛けるタイプにする。
08062805a_2   

そして後ろ。(セカンドシート側)
こっちはアシストグリップもあるし楽勝かと思い装着してみたら。。。
なんと、左右の高さが微妙に違う??!!斜めってるのはなぜ??
タントくん、左の後ろドアはスライドで右は普通のドアなのだが、このせいで左右のグリップの位置が微妙に違うのだ。左より右の位置が高い。
この高さを合わすのに少々手こずった。

08062806
そして完成。

08062804_2

どうでしょう、キレイに出来上がったかと。
試行錯誤して作ったわりにはいい感じに仕上がり、二人して大喜びしてしまいました。www

08062801_2 
↑クロ嬢が座った状態。
スキーを積んでいますが、ヘッドクリアランスは余裕です。
わたし(junGON)が座っても問題ありませんでした。
ちなみにクロ嬢はスキーヤー。
タントくんは左側(スライドドア側)のセンターピラーが無いので、とても開放感があって素敵です。

08062802_2

すべてのパーツ代だけで3千5百円程度でしょうか。。。。
今回は穴あけが手間でしたが、思ったより簡単でした。
ちなみにすべての作業をコーナンの駐車場でおこなっております。w
クロ嬢、わざわざうちの近所のコーナンまで出張ご苦労であった!w


作りたい方は、うちの近所のコーナンまでお越しやす。www



ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

6月15日 丹後KZ

4月に登った丹後由良ヶ岳、その頂上から見下ろした河口のポイント。

当日の天気予報では、北の風、波の高さは1m。

で、こんな感じです。
コシ~ハラぐらいでしょうか。
08061501

ここは“北”でうねりが入る。というか“北”でしか入らない。

日本海に波があるということで、8Tは大阪ナンバーで大賑わいだったらしい。
でもここKZは4~5人でまわすほど。
波があまり良くはないので空いていたのだが。w

08061502 08061503

雨が降りそうで降らない薄曇り。
それでも日焼けで顔が赤くなる。
朝は17℃と寒かった。

これでしばらくは日本海での波乗りもおあずけでしょうか?
そんなことよりガソリンが高すぎて遠出が億劫になってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

キャンドルナイト・梅田

6月6日 金曜

1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 2008 Summer 
http://www.candle-night.org/

「私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2008年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

2008年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト」

↑これを呼びかけるため、6月21日、夏至の日の当日まで、日本全国でいろいろなイベントが開催される。
その最初の一歩は大阪から始まりました。
西梅田ナイト
本当は5日に開催だったのだが、雨で6日に順延された。

08060601 08060602

08060603 08060604

08060605 08060606 

08060607 08060608

08060609 08060610

08060611 08060612

08060616 08060615

08060613 08060614

08060617

やさしいひかりに“ピース”

次回の1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 2008 Summerは、
茶屋町ナイト 6月21日木曜 6PM~10PM

6月21日土曜、夏至の日まで、日本全国どこかでイベントがおこなわれています。
http://www.candle-night.org/

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

イルカ様

イルカと遊んできました。

08060104

カメラ目線どうでしょう?カワイイですね~。
顔が笑ってるように見えるでしょ?
しかしこのスマイルフェイスは人間が見て笑ってると思ってるだけ。
イルカ様はいたって普通の顔なのであります。
機嫌が良いときも、ご機嫌ななめのときもこのスマイルフェイス。

08060101

頭も良いです。
お犬様よりもイルカ様のほうが確実に頭は良いと思われます。
以前イルカ様達と泳いだとき、私はこやつらにおちょくられたことがあります。

イルカ様たちと一緒に遊んでいたときのこと。
一頭だけ離れたところにポツンと浮いてるやつが。

08060103
↑こやつはよほど逆立ちが好きなのか、この技をひたすら披露する。w
イルカのフィン(尾びれ)の形は芸術品だね。

私はそいつに近づき触ろうとすると、ゆっくりと沈んでいきやがるのです。
私も追って潜るのですがこやつの潜水にかなうはずなく。
するとまた浮いてきてじっとしている。
そうです、わざとやってやがるのです。
何度触ろうとしてもギリギリのところで身をかわし沈んでいくイルカ様。
すると、ふっとイルカ様の姿が見えなくなる・・・

08060102

次の瞬間、浮かんでいる私の頭の上を飛びやがったのです!
しかも一回だけでなく連発で!
あの巨体が飛んで私の頭の上をかすめていくのです。
イルカショーなどで客席からジャンプは何度も見たことはありますが、水面から頭の上を飛ばれるのは初めての体験。
正直怖いです。
体当たりされたら完全にノックアウトされます。
まわりの人たちは私がイルカ様を操って飛ばせているのだと思い拍手喝采です。
いやいや違うのです、私はこやつにいじめられてるのです。w

08060105

しかし、ちゃんとぶつからないようジャンプするあたりはさすがです。
イルカ様は私が遊んでくれたお礼にジャンプを披露してくれたのかもしれません。
それならそうと一言ことわってからにしてくださいな、イルカ様。w

みなさんも機会があればイルカ様達と遊んでみてください。
背中に乗せてくれるし楽しいですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »