« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

夏は終わらない

10月に四国を放浪しているときにめぐり合った波。

この放浪中いちばんの波。


all photo by NAOKIMAN。
07112809

07112806

07112803

07112804

07112805

07112807

07112808

07112810

07112801

07112802


なおきまん&イッシャンと合流した日の出来事。
この当日はどこもコンディションが悪かったがココだけは素晴らしかった。
誘ってくれたことに感謝。

なおきまん、たくさん写真を撮ってくれてありがとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

'07秋の立山滑降-その3

11月17日 土曜日 お帰り編

雷鳥沢のテン場手前まで滑り下りたところで昼ごはんにする。
いつもならカップヌードルだが、今日はストーブを持ってきていない。日帰り予定だったので、できるだけ荷物を軽量化してきた。w
AK氏が、持ってきたはずのおにぎりが無い!?とわめいている。
わたしの少しあげようか?など誰も言わない。それがルールなのだ。w

その後、おにぎりは見つかったのでしょうか?

071117c01
雷鳥荘までの登り返しで突風に煽られる。
お昼をまわって風が強くなってきた。
背負っている板が風を受けて後ろに飛ばされそうになる。

071117c02
雷鳥荘前の斜面はしっかり雪がついていた。
次の三連休はギタギタのゲレンデ状態なんだろうな。

登りきったところ、室堂側から歩いてくる二つの人影が手を振っている。
おっ、ありゃTOMか??TOMだ。
一緒にいたのは白馬アウトフィールドの高橋洋介氏。
TOMが来てるのは知っていたがこんな所で会えるとは。

071117c03
二人は雷鳥荘に泊まるということ。私らは泊まると明日降りれなくなるかも?(富山へ)なので下山すると伝える。できれば小屋で一緒に語りたかったが残念。

ということで、二人の滑りの写真をどうぞ。
071117c04a
高橋洋介氏のテイクオフ。 (クリックで拡大)

071117c04
見てるだけで気持ちいい~。w

071117c06
つづいて我らのTOM。なかなかやるの~!!
この斜面、時間があったら滑りたかったんですよね。
ノートラックで雪も斜度も申し分ない。
二人の滑りを見届け、グッとこらえてターミナルへ。

071117c07
みくりが池より奥は静かでいいね~
左は血の池地獄。雪で埋まってますが。

071117c08
ふと雄山を見ると月が昇ってきた。
ビュ~チフル!

071117c09
え~、このショットはですね、みくりが池なんですが・・・
全面氷ってますよ、ってな写真を撮ろうとしたら、突然に後ろから突風が・・・
シャッターを切った瞬間に帽子が飛ばされました。
見事に飛んでいく帽子が写されてますね。w
あっ、あぁ~、おれの帽子~!!と叫んでました。

071117c10
今回も無事に終了しました。
おにぎりが無くなったことが唯一の事件でしたが。w
天気も良く、いつものメンバーとも顔合わせもできて良かった。

富山へ下りたら雨が降り出した。
きときと寿司で夕食を食べて解散。

あくる日の立山室堂はやはり大荒れ。
高原バスは一日運休だった。
下山していてよかった。

おしまい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

'07秋の立山滑降-その2

11月17日 土曜日 滑り編

一の越まで上がらずに途中から滑り出す。
雷鳥沢を目指すのに一の越まで行っても意味がない。
雄山の下をトラバースぎみに滑り下りていく。

07111711
沢の下までいってしまうと斜度がなくなる。
下まで落ちないようつま先側に山を感じ、かかと側に乗り換えてスプレーを飛ばす。
先の状況が見えないので探りながらかつ飛ばしながら。

07111712
滑り出しはほぼトラバースだったが、そこを過ぎるとある程度は下方向へ滑っていける。
でもグーフィーの巻ちゃんにとっては少々つらいか。

07111713
一泊予定で来るときはこのコースが最初の一本目。
これで雷鳥沢のテン場まで一気に滑り下りる。
この日ここを滑ったのは私たちだけ。
もちろんノートラック。

07111714
春と秋ではこのコースぜんぜん違う顔。(どこでもか)
春は地形が埋まり気持ちよくクルージングできる。
秋は地形がそのまま、トラップもたくさんあってテクニカル。w

07111722
先が見えなくなるところまで行っては止まり先を確認。
岩があったり、雪が薄くて地面が見えてたりと。
確認しては皆を導く。

07111715
吹き溜まる斜面に出てきた。
今年最初の極上足裏感覚。

07111717
それぞれのラインを刻んで楽しむ。
調子にのって飛ばすと地形のトラップにやられる。

07111718
ふと止まってみれば無音の世界。

07111714a
滑り出せば風の音だけ。
気持ちよい世界。

07111719
最後の緩斜面を真っ直ぐ滑り下りているときは笑いが込み上げる。
込み上げる笑いをクールに抑えるなんて馬鹿らしい。

07111720
笑いながらバンザイは最高の表現方法。
気持ちよい一本にバンザイ!!

07111721
わっはははは~ サイッコウです!!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

'07秋の立山滑降-その1

11月17日 土曜日

ギリギリまで悩んだ
来週の3連休にしようかと。
3連休は人が多すぎて嫌いだ。
天気予報が二日前に土曜日は晴れだと告げる。しかし日曜は荒れる予報。
雪はなんとかありそう。

07111701
17日 土曜日の朝、立山駅の駐車場で目覚める。
快晴。青い空が広がる。
気温はかなり低い。寒い・・・・
駐車場の車は予想以上に空いている。ラッキー。

07111702
出遅れてケーブルを一本見送る。
今回は誰にも告げずにここへ来たのだが・・・
雪の状態と翌日の天気が微妙なことと、今週無理に来なくても3連休があることが理由だ。
誰も来ないと思っていたが・・・
やっぱりいつもの顔ぶれと出会ってしまうのはここが聖地だからか?w
夜中2時前の駐車場、寝ようとしているとAK&巻夫妻に車の窓をたたかれる。
よく見つけたな。w

07111703
立山駅周辺は紅葉が絶好調。
ケーブルからの眺めがきれい。

07111704
美女平からのバスは一般観光客と一緒。
車内のモニターには観光案内のVTR。もういいかげん内容を覚えてしまった。
そのVTRを子守唄に眠るのは山スキーヤー達。
観光客はVTRに合わせて右へ左へ。
室堂ターミナルが見え出す。雪は良さそうだ。
でも、岩もけっこう・・・

07111705
室堂、早朝の気温は-8℃だったようだが今はもう少し高いだろう。
雪は昨年の今日よりは少ないか?
斜度のあるところは着きがよくない。
室堂山の斜面もなんだかな~

07111706
一の越を目指すことに。
今回は日帰りであるからして、それなりのルート選択。
が、しかし滑る斜面を決めれない・・・
歩きながら雪の状態を確かめる。

07111707
どうでしょう?この青い空と白い雪!!
おまけに人も少ない。
明日の天気もこれなら一泊するのだが・・・
9月に登った奥大日が後ろに見える。

07111708
前日も雪が降っていたらしく、質は最高。
途中、浄土山からの斜面にいいところを発見したのだが
そこから直登するのも少しキツイし、緩い斜面にもどるのも面倒。

07111709
登りながら見ていて、一の越から雷鳥沢まで滑れそうである。
地形も埋まってなく、下の沢も完全には埋まっていない。
選んで滑る感じだが、日帰りとしてここがいちばん長く滑れそう。
雷鳥沢まで滑り降りる時間、そこからターミナルへ戻る時間を計算したら、16時の最終バスに間に合うだろう。ちゅうか余裕??

07111710
一の越まで行かずに途中から滑り出すことにする。
まぁ、時間の節約ってのが理由で登らないことにしたのだが・・・


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

買った?

買った?
 

SPRAY

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

雪きた!立山!

積もりましたね~

一日でメーターオーバーらしいです。

07111301_2
今日13日の室堂 (ホテル立山HPより拝借)

今週末に入りたいけど、どうやら天気が荒れそうです・・・

07111302
みくりが池。氷ってる??

なんせ滑れるぐらいは雪がある。
ワクワクしますね!!


P.S ta&suさま
モンベル箕面に行かれたようで、お噂が届いております。w

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

μ770SWその後2

μ770SW その後報告です。

07110701

もうすでに傷だらけです。耐衝撃ということで扱いが雑になるわな。笑
それだけ雑に扱っても撮影には問題ないですね今のところは。
もちろん水の中でも大丈夫です。
日記の写真を見てもらえば分かると思いますが、けっこう波のデカい時に持って入っても問題なかった。本人は恐々入ってましたが。笑

やっぱりこのカメラは買って正解。アウトドアマンには本当に最適かと。

ただ一つ問題があった。
カメラ本体ではなく、腕に着けることができるウェアブルケースに問題あり。

07110702

腕に巻くベルト部分にプラスチックの部品を2つ使っているのですが、その一つが割れました。しかも波乗り中に!
この部品にベルトを通し、折り返してベルクロに固定している需要なパーツです。完全に割れたのではなく、O型の一カ所が割れ口が開いた状態に。これはかなり危険な状態、いつ腕から外れても…しかも波のデカい中で。10月19日の日記参照。

07110703

07110704

腕を曲げると力こぶ出ますよね?そのぶん腕が太くなりベルトに負荷がかかります。で、弱いプラスチック部分が割れるのだと。

このとき実は四国放浪の旅中。
応急処置部品を探しに入野のコーナンへ。入野にコーナン出来ててほんと良かったよ。笑
いいの見つけました。
カラビナ型のキーホルダー。上の写真の赤いやつ。
100円だし、とりあえずこれでいいかと。アルミっぽいし。笑

07110705

で、いまだにそのままです。( ´ー`)

ちゅうか、カメラ新しいの出てますな〜
μ795SWとμ790SWとかいうのが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

献血日より。

本日は献血の日。

いや、別に献血すると決めていたわけではなく、

たまたま駅前でやっていたから。w


今日はぶらぶら歩いて新石切は石切神社近くの“コマcafe”へランチ。

オーダーしたのはコマ定食。

07110401

オーガニックな昼ごはん。



その後ミナミに出ようと新石切へ向かうと献血車がいるじゃないか。

長いことやってないので抜いておくか。

何を隠そう私junGONの血液型はRHマイナスのB型。

ちょっと貴重な血液です。

07110402

献血車の名前が“紅(くれない)”です。Xの曲が頭の中で流れます。w

ほんとに久しぶりだったので針を刺されるときちょっと怖かった。



献血が終わりミナミに出ると・・・

もうX'masでした。

07110403

なんばcityのツリー。

そういえばロケット広場のロケットがなくなりましたね。


※冬場、血液が不足します。みなさんも献血にご協力を。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »