« さすらおう四国・10月22日 | トップページ | ハロウィ~ン@mayuGON »

2007年10月29日 (月)

第1回 生駒チャレンジ登山大会

10月28日 日曜日

日曜だというのに、生駒山系を彷徨い歩いて約25km・・・・・

燃え尽きました・・・・。

大阪府山岳連盟主催のイベント。
第1回 生駒チャレンジ登山大会に参戦してきた。
記念すべき第1回大会であります。
スカイウォークの部(登山 初級12km・中級25km・上級35km)と、スカイランの部(マラソン35km)があり、もちろん歩くほうにエントリー。w
私市から上級のゴール(マラソンも同じ)は高安までの35km!!
35kmはきついな~・・・・
という訳で、額田園地までの25km中級コース完歩が目標です。


朝8時10分頃、京阪私市駅に到着。
私市水辺プラザが受付です。(受付は6時~9時まで)
参加費2千円を払ってエントリー。
ゼッケンか何か目印をつけるのかと思いきや、認定書なるカードに出発時刻を記入して追い立てられるように、はいスタート!!えっ?そうなの・・・・

事前の募集要項には参加記念Tシャツと記念ワッペン進呈となっていたが・・・
予想外に参加者が多かったのか、8時半受付時点では品切れでした。
ルートマップ等も貰えると思っていたがそれもない。
ぜんぜんダメじゃん大阪府山岳連盟!!


07102801
私市水辺プラザで受付を済ませてスタートです。(8時35分)
年齢層は高めか?w

07102801a
しばらくは川沿いの遊歩道を歩きます。
こんなところ初めて来たけど、キャンプ場があったりと、なかなか整備されてる。


07102802
ほしだ園地の入り口。(9時)
ここから登山道へと入って行きます。


07102803
ほしだ園地にこんなのあったの!?
クライミングウォールが出現!
こんな洒落たものがあったとは・・・驚きです。


07102803a
やっと山登りの様相になってきました。
mayuGON久しぶりの山にハァハァ・・・息があがる。w
この登山道ではりきると後が恐いか?!


07102804
こんな吊り橋があったり・・・でもルート上ではないです。ちょっと寄り道。
ここを過ぎてしばらく行くと立派な霊園が見えてきます。
有名な飯盛山霊園です。
なんとルートはこの中を横切る。(怖いから写真は無し。w)
マラソンの人達も同じルートだが、霊園の中では歩くように指示がでてた。

霊園を抜け、国道163号を渡り、住宅地の中を歩き、また山の中へ。
しばらくすると池が出てきました。室尾池というらしい。
池が出てきたということは、ここは室池園地。
ヘラ鮒釣り師がたくさんいます。端っこのほうにはバサーもちらほら。


07102805
最初のチェックポイントは何処かと探していると見覚えのある景色に。
室池に出てきました。ここはもう地元といえば地元になる。
釣りやら、夜の肝試しやら、オフロードバイクで走りにきたりと馴染みの場所。
大昔の話ですがね。


07102806
最初のチェックポイントは室池の堤の先にありました。(11時25分)
そしてここは初級のゴール地点。(12km)
なんとここまで3時間かかってる!?

071029002
ここでUターンされる方もけっこういました。

07102806a
そしてこのポイントでお昼ごはんにする。
メニューはいつもと同じ。w

このあたり、一般の人達もたくさん散策や釣りに来ているのだが、
誰が大会参加者なのか目印がないので分からない。w
よくやってるなスタッフは。


07102807
さて、お腹もいっぱいになったし、再スタート。
阪奈道路を渡り、怪しい産廃会社がある中を抜けていく。
しょうじき、ここは歩いていてつまらん。
この道は霊園の中を歩くよりひどいし不気味なルートだ。

ひどいルートを抜け、ふたたび登山道へと入る。
第2のポイントである額田園地を目指す。
しかし登山と思えるルートはここまでか。
生駒の従走路に出てから額田園地のポイントまでは舗装路になる。
これがまただらだらと長いのである。
景色も同じようで、アップダウンもなく実に単調。
アスファルトの上を歩くからか足にも負担が・・・
日下園地を抜け、額田園地に入っていると思うが、チェックポイントが見えてこない。
従走路に入ってからはスタッフの姿もないし、どこやねん!?って。

けっこう年配の参加者の方もいますが、みんな脚力の強いこと!
後ろから追いつかれ抜かれるも、同じペースでついていけない。
山歩きを趣味とされている方々、凄すぎる健脚に御見それしました。
私共はもう足がダメっぽいです。



07102808
やっとのことで行き着いたところは、アジサイ園。
ここが額田園地のチェックポイントであり私たちのゴール地点。
到着時間は13時59分。トータル約5時間半です。
もう足がダルダル!

実はこのポイントには14時までに通過しないと先の高安には進めない。
私たちはここでゴールなのでいいのだが・・・
スタッフさんに、ぎりぎりやな~と言われつつ認定書に“中級”の判を押してもらう。
この時間、ここにゴールしたのは私たちと女性もう一人。
スタッフに「踏破認定書」いる?と聞かれ、その女性がいりますと答えると、
有料500円やで。と言われてた・・・・・。
そんなもん全員に配れって大阪府山岳連盟!!
2千円も取ってるやん!
用意していたポカリが丁度3杯やと、喜ぶスタッフ達・・・
私達のチェックが終わると片付けだした・・・
え??まだ後ろに歩いてる人いるけど??片付けるってどういうこと??
14時以降は先に進めないだけじゃないの??これ以降にここまで来た人は中級の認定をうけれないの???エントリーした最後の人が来るまで待つのが普通やろ?!

企画としては面白かったと思う。知らない生駒山系が見れたし。
しかし運営がなってないかと。
2千円というエントリーフィーを取ってるのに。
・参加品やルートマップが無い!?
・「踏破認定書」が有料!?
・ルート上に待機しているスタッフが少なすぎない!?
・チェックポイントまであと何kmの表示なし!?
・ルート上、登山と感じるのは一部区間のみ!?
・一番最後を歩く参加者に付いてスタッフも歩くべき。
・エントリーした全ての人に認定書を。(途中棄権者以外)

実際は大阪府山岳連盟のスタッフ(仲間内)が楽しむ大会じゃない??
マラソンの部はどうだったかは知らないが。

せっかく素晴らしい企画大会なのだから、次回はもう少し配慮してほしいと思う。
もちろん次もエントリーします。w

071029003
この後、登山道を下って額田駅まで。
下りは足にくるわ~。ガクガク!!

071029001

|

« さすらおう四国・10月22日 | トップページ | ハロウィ~ン@mayuGON »

コメント

25kmお疲れさんです。
楽しんでますねぇ。

私なら12kmで翌日筋肉痛の嵐になってしまいます。


イベントの失敗。
初回では良くあることですよ。
まぁ、次回以降が更に楽しみになってくるのでは??

投稿: なおきまん | 2007年10月30日 (火) 15時08分

>なおきまん
かなりキツかった。
股関節がガタガタになってたし。
TVの100kmマラソンのつらさがわかるわ~。w

投稿: junGON | 2007年10月31日 (水) 11時33分

羨ましい~参加したかった!!昨年、九度山~高野山奥の院24Kmの町石道歩いたことはありますが・・・・歩きたかった。どの様にして情報を得るのですか?昼ご飯はカップヌードルもいいがたまには手作りのおにぎりでも・・・・・私たち毎晩(たまにサボりますが)1時間歩いてます。ガンバッテます☆


投稿: ta&su | 2007年10月31日 (水) 15時16分

>ta&suさま
お二人ともかなりの健脚なので、このイベントに参加されていたら上級ゴールの高安まで歩いてたでしょうね。

こういうイベントの情報はだいたいモンベルで仕入れます。イベント情報のチラシが置いてあるコーナーがありますよ。

投稿: junGON | 2007年11月 1日 (木) 13時42分

jolly pukateine tubemaker monomeric morsel autem determinativeness unpragmatical
Mendoza, Tony
http://www.harambeecentre.org.uk/

風・波・雪・空

投稿: Althea Carroll | 2007年11月23日 (金) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71767/8676931

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 生駒チャレンジ登山大会:

« さすらおう四国・10月22日 | トップページ | ハロウィ~ン@mayuGON »