« 続、生暖かすぎる高知 | トップページ | 冬かよ?!立山テント泊その2 »

2007年10月 5日 (金)

冬かよ?!立山テント泊

  2007/9月29~30日

たしか、昨年もこの時期に立山行きを計画していた。
紅葉と奥大日アタックするつもりだったが、急に冬型気圧配置になり立山は雪模様になった。こりゃいかんと予定を変更して高知へ波乗りへ。高知の海は立山とは打って変わって真夏の様相だったな~
そして今年こそ立山の紅葉を見ようと行ってまいりました!

9月になっても真夏日が永遠続き、夜も熱帯夜。
普通ならこの時期立山は紅葉まっさかりなのだが・・・さてさて。
天気予報では狙ったかのようにこの週末は気温が下がる予報。
立山駅の駐車場に着いた時点でその寒さを実感。
金曜の夜から土曜の朝、大阪でもかなり冷え込んでいたらしい。
そんなに冷えるとは露知らず、私の身なりはTシャツに短パン姿。w
タオルケットで車中泊と思っていたが、バックパックに詰め込んだシェラフを引っ張り出すことに。

明け方まわりでガサゴソと用意を始める音で目を覚ます。
mayuGON寝ぼけて高知は入野の駐車場にいると勘違い。
「ワックスをガコガコやる音が聞こえてこないから波クローズと思ってた・・」
とのことである。w

07100501

朝一陣の出発を見送って、私たちも出発である。
まぁ、いつものことであるがのんびりモードである。
天気はと言うと、低く厚い雲に覆われている。
しかし私の予想では、室堂は雲の上だと何故か確信を持っていたのでした。
でもほんとに寒い。

07100502

立山駅へとえっちら歩いてやって来ると、人少な!
さすがに普通の週末である。
あえて連休をはずして良かったかなと。

ちょうどケーブルが出発するタイミング。
が、しかし同じ8時発で室堂直行のバスもあるとのこと。
早く室堂に辿り着いてテントを張りたかった私たちは、迷わず直行バスのチケットを買いに走る。間一髪で乗車完了。
バスの席につくとやはり空席がある。

このバスは足元も広く実に快適。mayuGONはさっそく眠りに着くのでした。

美女平を過ぎ、称名滝を過ぎた辺りから雲の中をバスは進む。
もしかして室堂まで真っ白のままか?と、悪い予感。

07100503

私の予想は見事に的中!悪い予感の方ではなく、雲海の上へ出たのだ。
うへへへ、やっぱりな!と、ウキウキしている横で爆睡しているmayuGON・・・

大日、奥大日、剣岳と、順番に顔を見せてくれる山々。
何度見ても圧巻で・・・綺麗で・・・言葉にできないな・・・。
最近いろいろなメディアで地球が危ない危ないと伝えている。
しかしそんな実感が湧かない人達はここ立山室堂に来ればよい。
ここに来れば地球に近づけるし感じれるはずだから。
この地に立って何も感じないならかなりの鈍感か不感症。

07100504

室道ターミナルの外へ出ると青空も見える良い天気。
まだ朝も早いのか、団体の観光客もあまり少なく快適な室道周辺。

とりあえず最初の目的地である雷鳥沢キャンプ場へ向かおう。

07100505_2
みくりが池と立山。と、指・・・w

やっぱり9月に入っても気温が下がらなかったので紅葉がイマイチ。
紅葉のオレンジより緑がまだまだ勝っている。
この歩いている今現在はかなりひんやり冷たいのでもう少しかな?

みくりが池温泉から左へ折れ、長い階段を下りて地獄谷方面へ。

07100506

この地獄谷へと向かう長い階段で私の右ヒザに違和感が・・・
このあいだボディボードをやっている時からヒザに痛みが出ていた。
まさかここでその痛みが出るとは・・・
ボディボードってけっこうヒザに負担がかかるのか、はたまたフィンが合ってないのか?
まぁ、歩けないってほどではないので進みます。

07100507

はい、地獄谷に到着。
硫黄の匂いがプンプンです。w
まぁ、立山に通うようになってこの匂いにも慣れました。
雷鳥荘に泊まると全ての衣服にこの匂いが染み付きますもんね。

07100508

地獄谷を抜けて、テント場に到着。
管理小屋にて手続きを済ませる。
テント一張り500円です。
あと、登山計画書なども記入します。

ここに到着時点で張られていたテントは5張り・・・
少ないですね。
そんなだから場所選び放題!w

07100509
後ろは雷鳥沢ヒュッテとロッジ立山連峰

ちゃっちゃとテントを張ります。
私達のテントはモンベルのムーンライト2型。
月明かりの中でも設営できるぐらい簡単に立ちます。
だからムーンライトっていう名前なんですが。
この日のテント場を見渡すともう一張りこのムーンライトを張っている人がいた。
山岳でこのムーンライトはめずらしい。

07100510

いらない荷物はテントの中に置いて、いざ出発。
目標は奥大日岳ピーク。
テント場から川へと下りるとき、またしてもヒザに違和感。
今度はさっきと違って痛い!
えぇ~!この痛みはまずいんじゃない?!

つづく

~junGON~

|

« 続、生暖かすぎる高知 | トップページ | 冬かよ?!立山テント泊その2 »

コメント

はじめまして。
私も29日に雷鳥沢にテント張ってました。
月明かりがとってもきれいな夜でしたね。

投稿: 310jun | 2007年10月 7日 (日) 19時46分

>310jun様
ええ~、ホントに!
どこら辺に張ってました?当日はテントが少なかったのでだいたい覚えてますよ。w
うちらは大日に近いいちばん端に設営してました。

そうですね、夜のうちは天気も良く、明日も雨は降らない?とか淡い期待をしたのですが…残念でしたね。

投稿: junGON | 2007年10月 9日 (火) 00時19分

そうですね。
確かに当日はテント少なかったですね。
私も覚えてますよ。

jun&mayuさんのテントから管理所を結んだ線から右側。
雷鳥沢ヒュッテに一番近いところかな。

明け方から雨だったので、私はいち早く退散しちゃいました(笑)

投稿: 310jun | 2007年10月14日 (日) 00時05分

>310jun様
水場の近くでしょうか?
その辺り、夜のうちはテントが何張りかあったのに、朝帰る頃にはすでに無くなっていたのを記憶してます。

投稿: junGON | 2007年10月14日 (日) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71767/8258083

この記事へのトラックバック一覧です: 冬かよ?!立山テント泊:

« 続、生暖かすぎる高知 | トップページ | 冬かよ?!立山テント泊その2 »