« 車内積載キャリアを作る(続編) | トップページ | リベンジ高知トリップ・その2 »

2007年7月23日 (月)

リベンジ高知トリップ・その1

’07年7月20日~22日

阪神高速神戸線は激しい雨。明石大橋を渡る頃にはまるで集中豪雨状態。風も強く橋の上の走行は恐怖!

23時半、高知道の立川PA着。朝までオヤスミ。

海の日の連休が台風で駄目になったのでこの週末にしようと決めていたが、
波がなさげ・・・
急いで海に行っても同じなので、まだ見ぬ四万十川の源流に行こうじゃないかい!

まずは高速を降りて土佐市のIWAGOでモーニング。
07072301
これから険しい山に入る為の腹ごしらえでござるよ。

須崎からR197に入るとほどなく道の駅ならぬ風の駅発見。
おしっこしようと立ち寄る。w
で、何が風の駅かと・・・・?ふと山を見る・・・・おぉ~~!
07072302
山の上に風車が並ぶ!(クリック)
発電用の風車だそう。CMで見たような・・・ここじゃないのかな?
070725a
私の後ろにあるのは実物の風車の羽。デカ~!!
ちなみに風車は三菱製。

またしばらく走ると今度は本当の道の駅「布施が坂」に到着。
とりあえず入ると“あめご”の塩焼きが・・・
07072303
もちろん食べる。まいう~(*´Д`)

いつになったら源流やねんってな話ですが。
ここから少し走ると船戸という所にたどり着きます。そこから国道をはずれ山の中へと進む。ほぼ一車線で対向きたらビックリな道。
源流への分岐に到着。
07072304
ここに車を置いて歩きの始まり。
ここから先は砂利道で本来車も入れるのですが、この日は道路整備工事中やらで通行止めでした。
源流の入り口まで45分とあります。
07072305
ひたすらこんな感じの道を進む。
ダンプが砂利を運んできて、ユンボが道をならしている。
だから車両通行止めね。みなさん暑い中お仕事ご苦労さんです。

07072306_1
こんなでっかい一枚岩があったり

07072307
土砂崩れがあったりとなかなかやってくれます。w

そんな砂利道を歩くこと約40分、源流への登山道入り口に到着。
07072309
普段はここまで車で入れるはずです。未舗装路ですがね。

さぁて、ここからは本格的に登山の始まりです。
源流まで25分と書いてある。楽勝やな。ふふふ
07072310
さっきまでの砂利道とは違い結構ハードな登山道。

07072311
沢を渡るポイントなんかあったりして楽しい。
マイナスイオンがバンバン出てます!それにとっても涼しい。

07072312
予定通りの約25分で源流点に到着。しかし・・・
源流点といってもまだ細い川が二手に上へと見えているのだが・・
二つの細い川がこの地点で合流して四万十川が始まるということかな?
多分今日は雨上がりで水量が多く見えるだけで、普段は本当にちょろちょろなのかも。

予想では水が岩からぽたぽた落ちてるとか、地面からもこもこ湧き出してるようなのを想像していたのでちょっとひょうし抜け。(´・ω・`)

07072313
とりあえず源流に頭を突っ込んでみた。
冷た~い!
07072314_1
しかし四万十の源流は森の奥深く、とても神秘的な場所でした。
もののけ姫に出てきそうなところです。
きっと“こだま”が私たちのことを見ていただろう。

そうこうしていると男性二人がやってきたので入れ替わりに下山。
下山途中の砂利の林道でカップルとすれ違う。
あとどのくらいですか?とたずねられ、
まだ半分というと、笑ってため息ついてた。w

07072315_1
無事に入り口まで帰って、お疲れさん。
さっきの男性二人とカップルの車が止まっていた。
二台とも県外のナンバーで、やっぱり観光客か。

県道19号で窪川へ抜けようと走っていると、対向できた軽トラのお姉さんに
「この先土砂崩れで通れんきね」と教えてくれる。
Uターンしようとしていると今度は原付に乗った女子高生が土砂崩れを教えてくれる。優しいね~みんな。(´∀`*)

しかたないので来た道を須崎に戻る。
須崎の道の駅でこれ!
07072316
かわうそ焼き!可愛すぎです。(*´д`*)

ここから大方に向かうのでした。

つづく  その2

~junGON~


 

|

« 車内積載キャリアを作る(続編) | トップページ | リベンジ高知トリップ・その2 »

コメント

四万十川源流。癒されそうでいいですね。清流の中の清流といった感じですね。

投稿: TOM | 2007年7月24日 (火) 00時06分

TOMの真似して川シリーズです。
シリーズにはならないと思いますが。w
日本でも指折りの波乗りポイントが多数ある高知。
その背景にはまだ生きている素晴らしい川がたくさんあるからだと思う。

投稿: junGON | 2007年7月24日 (火) 11時38分

お疲れさんです。
四万十源流は高知県民の私ですら行った事ないですww

投稿: なお | 2007年7月24日 (火) 16時26分

あ、名前。
「なお」になってしまった…。

投稿: なおきまん | 2007年7月24日 (火) 16時28分

>なお きまん
そりゃ遠いし行かないですよね〜
大阪人が通天閣にいかないようなもんですか。w
しかし最後の清流ですからなおきまんも是非!!

何が嫌って、高知の山奥の道が嫌です・・・・・怖い。

投稿: junGON | 2007年7月24日 (火) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71767/7252829

この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ高知トリップ・その1:

« 車内積載キャリアを作る(続編) | トップページ | リベンジ高知トリップ・その2 »