« 見えますか? | トップページ | 3月18日/白馬・コルチナ編 »

2007年3月19日 (月)

3月17日/白馬・天狗原編

※今回の日記は長いよ。っていうか写真が多いです。
写真はすべてクリックで拡大します。

先週のさよならゲレンデinSKIJAM勝山につづき、今週は白馬です。
勝山でゲレンデに別れを告げた都合、今週は裏山です。w
そして今回はスペシャルゲストにリコ嬢を迎えて出発!
このリコ嬢、以前にも一緒に天狗原と八方ガラガラ沢をやった好き物。w
普段はグラトリで目を回している彼女に声を掛けたところ
『いき~ま~す!』
気合満々である。w

07031701_1
○栂池ゴンドラ乗り場にて集合 
左から、AK、巻、TOM、riko、私、撮影mayuGON

栂池の駐車場に到着し、向かう先のゲレンデ上部に目をやると・・・
そこは雲に隠れて見えません。しかも小雪が舞ってきた。
緊急ミーティングの結果、上部は雲の上で大丈夫じゃない?
という私の安易な判断で、とりあえず上がることに。
このとき私以外は、『止めようぜ』
という顔をしていたような気がするが、気のせいだと判断した。w

07031702_1 07031702a_1
○左/ロープウェイに乗り込むリコ嬢とmayuGON 
○右/早る気持ちを抑え、テキパキと準備

ゴンドラに乗り込みゲレンデトップへ。
そこからロープウェイに乗り継いで、自然園へと到着。
ちなみにここまでのゴンドラ・ロープウェイのチケットを買うには、登山届けを書いて提出する必要があります。

自然園駅の外に出てみると予想的中!
青い空が広がっていたのでした。

07031704
○天狗原を目指しえっこらえっこら。天気は最高!

とは言え、天気予報ではこの後くずれる予報。
TOMのレーダーアメダスも雪雲が近づいているのを察知していた。w
テキパキと準備をし登り始める。

07031705a 07031704a
○順調に登る。そしてバテルjunGON・・

ここで異変に気づく。
4年振りにBCに帰ってきたリコ嬢が・・・
以前ならこのあたりで瞳孔が開ききって、限界120%のはずだったが、
今回はカメラを向けると、微笑み返しする余裕を見せつける!
やるじゃないかリコ嬢。

もう少しで天狗原到着というあたりで、雲に捕まった。
風が出だし、気温が一気に下がる。
07031706
○天狗原に到着も・・・

自然園から約一時間、天狗原に到着。
ここでランチにしようと思っていたが、風が強く寒い。
おまけに雪も激しくなってきた。
本当なら行きたい人だけ乗鞍岳へ登るはずだったが、山頂方面はガスに覆われ始め、行っても辛いし寒いだけと判断。
『とりあえず自然園まで降りちゃいましょう』
ということでバタバタと天狗原をあとにする。

07031707 07031708
○左/天狗原から降りるルートへ移動
○右/ルートを見つけ『どうぞ!』と、TOM氏

悪天候で視界の悪いなか、TOM氏が先頭でルートを見つけて皆を先導。
頼りになりますTOM氏。

07031709
○こんなところです。/巻ちゃん

少し降りると天気が良くなり視界も良好。
青空も覗き、悪天が一変して気持ちの良いBC日和に。
みんなの表情も一変して気持ちよい笑顔だ!w

07031710_1  070317a
○気持ち良い天気にまったりと遊ぶ。登り返したりして。w

ここでお待ちかねのランチタイム!
あまりの天気の良さに、自然園のど真ん中でご飯です。
が、しかし!
食べ始めて間もなく厚い雲がやって来て、あっという間に雲の中。
またもや雪と風である。
さ、寒い!カンベンしてくれと、急いで食べて出発。

07031711
○ランチを早々に終えて滑る斜面へと移動する。

ご飯を流し込むように終えて午後の部スタート。
するとまた、みるみる天気が回復!
なんだよ、滑ると天気が良くなるのかよ??!
まぁ、それはそれでいいんだけどね。w

07031712 07031714_1
○左/斜面にトラックを刻むリコ嬢
○右/AKの華麗なライディング

いやぁ~気持ちいいです。
天狗原からのこのルートは私たちだけか?
ほぼ貸切状態です。

07031713
○TOMのリラックスしたライディング

各自が思い思いに楽しんで滑る。
変にカッコつけることなど、ここではまるで無意味。
コケて雪まみれになってもそれが滑りの記憶になる。

07031715

最後のルートはこんな沢の中。
正直こんな地形は最高に面白いのだが
今年の雪の少なさで所々に深い穴が・・
気をつけて滑らないと、落ちたら大変だわ。

07031716 07031717

沢を下りたところで終了。楽しかった~
ここで最後にお疲れカフェタイムにしよう。
天気もポカポカ気持ちよい。
が、お湯を沸かした途端にまたもや雲がやって来た!
そしてまた激寒の中でカフェを楽しむのでした・・・w

ここから少し歩くと・・・
こんな所に出てきて裏山ツアーは終了です。
07031718
○無事生還。オツカレ~

あとはゲレンデを下まで流して終了です。
登り滑りした後のゲレンデはいつもながらツライです。w

07031719 07031720

ゴンドラ乗り場に戻ってホントにお疲れ様!
いやぁ~楽しかったです。

白馬二日目へつづく

~junGON~


 

 

|

« 見えますか? | トップページ | 3月18日/白馬・コルチナ編 »

コメント

お疲れ様でしたぁ♪

ほんと頑張ったかいあって楽しめましたよ~
最初ガスってるのに「登ろう」って言うきんさんは
この人正気じゃ無い…って思いましたがw

ロープウェーが無ければ途中でギブって言うてましたよ(^^;)
沢に落ちるかと思ったり、激寒の中でカフェしたり
色んな体験が出来て最高でした♪

二日目日記も楽しみにしてます♪

投稿: リコ | 2007年3月20日 (火) 10時17分

ほんとフル装備で行ってるんですねぇ。
TOMさんのライディングのカット、凄くいい写真です。

私も撮ってもらいたいよ…。

投稿: なおきまん | 2007年3月20日 (火) 15時33分

なんかもっかいチャレンジしてみたくなる日記でした(^_^;)
あまりにも楽しそうだし、気持ちよさそうで!!
こんな気持ちになる時がやってくるなんて、自分でも信じられませんw
時間って記憶を薄れさせていくんですねぇ。。。

みなさん、お疲れ様でした☆

投稿: ヤッコ | 2007年3月20日 (火) 20時18分

>リコ
おつかれです。
リコがまったく問題なく登り滑ったことに感動している次第です。w
裏山滑降は滑りの集大成の場でから、よく頑張りました。
と、えらそうに書いてますが、登りで遅れをとったのは私ですね。w
またいつかリコの気が向いたらやりましょうね。

>なおきまん
TOMのカット褒めてくれてありがとう。
でかい波にリラックスサーフしてるようでしょ?
TOMのフォームは私もファンなんです。
なおきまんも来てくれたら撮りますよ。っていうか撮ってください。w

>ヤッコ
みんなで楽しくワイワイやってると、意外と辛くないもんですよ。
楽しいが勝っちゃうんですよね。
ヤッコも気が向いたらリコと一緒にまたやりましょう!

投稿: junGON | 2007年3月20日 (火) 21時31分

気持ちよすぎですよ・・・。この写真。
なんか胸の奥の方がムズムズしてきます。

ノートラックのバーンに自分でライン刻んでいく快感・・・。

自分の乏しい経験では想像する事すらできません。

たぶん楽しい通り越してアドレナリン出まくりでしょうね!?

オレもいつか・・・。

投稿: 三十路ん(ひろ) | 2007年3月20日 (火) 22時24分

>三十路ん
気持ち良さが伝わりましたか?
たった一本だけど、その充実感ときたら・・・
やめれません!!w
三十路んもいつか。

投稿: junGON | 2007年3月22日 (木) 10時22分

みんなで行くと、やはり楽しいですね。
また行きましょう。
お湯を沸かすたびに、雪が降ってくるのには参りましたが。(^^;

投稿: AK | 2007年3月22日 (木) 12時44分

裏山セッション、楽しかったですね。
ホント、よく遊びました。やめられませんね~!

お茶、ご馳走さまでした!

投稿: 巻 | 2007年3月22日 (木) 20時02分

天気の変化にはまいりましたが、楽しめましたね。
お手軽なところから少しずつ奥へ行けたら良いですね。はくのりに登ると、その先にもまだまだ山が続いていることがわかります。それも、いい斜面があるんです。そんなの見たら、もっと先に、もっと先に、という気になりますよ。

投稿: TOM | 2007年3月22日 (木) 23時26分

>AK
休憩=激寒、吹雪!
滑りの記憶よりもこっちの記憶が勝ってます。w

>巻ちゃん
滑って転げて、まさに雪と遊ぶですよね。
ぬるいお茶で申し訳なかったです・・・w

>TOM
おつかれです
そして先導してくれてありがとう。
白乗の奥には果てしないほど続いてますよね。
とても静かで、そこからが本当の山という感じがします。

投稿: junGON | 2007年3月23日 (金) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71767/5746234

この記事へのトラックバック一覧です: 3月17日/白馬・天狗原編:

« 見えますか? | トップページ | 3月18日/白馬・コルチナ編 »