« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月26日 (火)

秋分の日 高知大方trip-Day2

おはようございます、二日目です。
Photo_166
みやこで朝ご飯。
旅先での朝食は何でこんなに美味しいの?おかわり!!

入野へ向かいます。
この辺りにたくさんある畑ってラッキョウ畑って知ってますか?
Photo_168
丁度ラッキョウの苗付けの季節みたいです。
11月になると紫の花が咲いてキレイですよ。

入野は本日もクローズ・・・そしてまたブチへ。
Irino
↑入野です

Buti_1
↑潮が満ちてるブチ です
サイズはこの二日間変わらないです。

ちょうど潮が引いていく時間帯で、波が大きくホレてきます。
セットをひとつ捕まえたら、これが結構走れる良い波。
気を良くしてもう一丁テイクオフ。
これも走れそう・・・・・・・んっ!!!!
次の瞬間、ホレてくる海面から岩が顔を出す・・・・ヤバ
とっさに板を引いたらコントロール不能です・・・・ダメポ
波のリップと一緒に岩に突撃!と思いきや、岩の手前で波が更にホレ上がり、そのまま飛び越えた!
グルグル巻かれながら「何?何が起こった?」
完全にやられたと思いましたが奇跡的に無傷・・・・ヨカッタヨ

デカセットの数が減ってきたので終了。

お昼御飯は「いろりや」でうどん。
Udonn 
店内の雰囲気が心地よい店です。ここに来たら昼寝したくなる。
うどんも美味い。

さて大阪に向けて出発。
窪川の道の駅「アグリ窪川」で定番のアイスを食べ、興津産の塩をお土産に購入。

土佐市のサニマートに寄り、お目当ての「ゆずもう一杯ヨーグルト」を探す。
ない!やっぱりないです。ウワサは本当だったのね・・・。
原料のゆずが、次の収穫までないので生産出来ないって話しです。

N川河口に寄ります。
N
↑ぜんぜん迫力が伝わらんphotoですまん・・

す、凄い!河口の左右、レギュラーとグーフィーにキレイ・・ウットリ
チューブからスピッツが吹いてる・・・
ここはハワイか・・・欧米かっ!
グーフィー側にボディボーダーが二人、ガッツ満点!
一人は女子、もう一人は外人男子。
よく見れば外人さん(白人)が結構います。・・欧米かっ!
本物の波乗りを見た気がしたN川河口でした。・・迂闊に入ると本当に死にそう。

一時間半ぐらい河口で見学してました。飽きませんからね。
南国は「ゆず庵」にやって来ました。
いつ来てもここは楽しい!そして何かサプライズがあります。
今回はメニューが土佐弁で、さっぱり解らん!w
ハマーとフェラーリが無くなって、骨董品が並んでました。

Photo_8

19時にゆず庵を出発、大阪へ向かいます。

23時に無事帰宅。
今回の高知・大方トリップも終了です。
そして次回こそ「ゆずもう一杯ヨーグルト」を!

day1へ戻る
〜junGON〜

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

秋分の日 高知大方trip-Day1

寒い・・・
ここは高知道、立川P.A。
朝7時です。起床しました。
いつもの事だからいいんですが、波乗りする人なら海に入っている時間。
のんびりモードに切り替えて出発。

高速を降りて窪川のケルンでモーニングです。
この店に来ると、高知に来たなって実感が湧いてきます。

この窪川が分岐点です。何がって?
台風14号のウネリが届いているだろう海の様子がです。
このままクローズも有り得る中村方面に行くか、ここから山を越えOK2へ行くか。
悩んだけど、やっぱり大好きな入野の海が見たいのでそっちに走る。

走っていると視界に海が見えだす。デカイです。
白浜あたりでは、あり得ないウネリが割れてます。怖い

ブチの海水浴場で結構な人数が入っているのを横目で見て、入野に到着。
見事にクローズ!W メインの駐車場に2〜3台しか車おらず。
とても静かな入野メインです。波音だけは大きいが。
Photo_159
irino

なおきまん情報で、OK2ウネリあるが割れてなく、干潮待ちとのこと。
ブチで入ります。
Photo_160
お盆の時ほどは大きくない、あまり走れないダンパー。

海から上がって着替えている時、岬の奥あたりで、もの凄い波がキレイに割れているのが見えた。
ここから見て遥か遠いいが強烈なインパクト!早速車で向かいます。

1_6_1 Photo_165   
こんなんですが、写真じゃ伝わらんね・・・。
2_5 
場所は秘密です。グーフィー側にキレイに割れていきます。

ひとしきり遊んで、サンシャイン大方でお総菜を仕入れて入野で食べる。

夕方、入野からまたまたブチに向かい移動。
ブチが苦手なmayuGONは、散歩がてらに入野からブチまで歩くことに。

mayuGONが歩いているあいだ海に入る。
潮が満ちてサイズが下がっている。満潮で岩を気にすることなく、薄暗くなるまで入ってました。
この時間になるとトランクス&ラッシュでは少し寒い。水は温かいけど。

民宿みやこに予約を入れて、入野のポコペンで晩ご飯です。
はじめてカウンターに座る。海がクローズでよそ者がおらず、周りは地元の幡多弁が飛び交う。
Photo_162
心地よいです。

みやこにチェックインしてテレビをつけたら電車男。w
みやこの女将は、ウワサ通りの美人女将でした。

本日、私のSENSIビーチサンダルが海へ旅立ちました。片方だけ・・・

デジカメの充電池が切れてしまい、シークレットの波の写真2枚以外は全て携帯の画像です。画質が悪くてゴメンです。

day2へつづく
〜junGON〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

西穂・上高地おまけ

1_5 2_2

3 4_1
こんな花が登山道沿いに・・・名前がわからん・・・・。

Photo_133
西穂山荘です。
朝の団体が去った後の静かな山荘前。
夜は、小屋で寝付けない人が外でおしゃべり・・・
うるさいっちゅうねん!テン場はすぐ横なので静かにお願い。

Photo_158
テント場から、遠くは八ヶ岳・・・・と思う・・・。

Photo_135
どうやらmayuGON、こうゆう場所が苦手の様子。ビビリっ子です。

Photo_146
登山道では根っこの上を歩いたりします。
木に申し訳ない気分になります。
登山道で木を観察していると、その生命力の凄さに驚きます。
デカイ岩の上に大木が根を這わせて、堂々と立っている!

Photo_147
河童橋は観光客でごった返す。
まるで心斎橋は引っかけ橋か。

Photo_157 
わさびに、りんごに、ビール!冷えてます。

Photo_148
ソフトはおいしい!

Photo_154
Photo_155
帰り道で寄った『じねんじょ』の店でご飯。

~junGON~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

9月9・10日 上高地〜西穂高 3

独標への道のりは石のガレ場、河原を歩くようです。シンドイ
Photo_117

そして独標最後のアプローチは岩の鎖場でプチロッククライム。
いやぁ楽しいな!
Photo_118
しかしビビリのmayuGONは半泣きです。

独標に到着。すぐ目の前にピラミットピーク。
Photo_119
2701mからの景色は最高です。足下には岳沢が広がっています。
Photo_122   
しばし景色を楽しむも、mayuGONが限界の様子。
どうやら岩登りでテンション下がったようです。テンションが下がると体温も下がって寒い。
ピラミットピークまでは行きたかったけど、パートナーが限界ではしかたない。
今回はここ独標がゴールです。
Photo_123
少しのんびりしてから小屋まで戻ります。

テントに戻ると緊張の糸が切れて眠ってしまう。オヤスミ
7時ぐらいに一度起きて小屋へ御飯を食べに行く。
中途半端に寝たので少しアタマが痛い。コウザンビョウ?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜二日目〜〜〜〜〜〜〜〜〜

翌朝ゆっくり起床。テントの横でのんびり朝御飯。
Photo_132
Photo_124
本日は上高地へ下りるのみです。
昨日は見えなかった霞沢岳と六百山がよく見えるし、遠くには八ヶ岳まで見える。
その横に富士山らしい形が見えたんですが、富士山?

本日の天気は雨予報、荷物をまとめ下山します。
粘土質の下りに先行者の滑った跡が・・・
滑るから気を付けてと自分で言ったmayuGONがハデにスリップダウン!笑
Photo_125
スリップダウンの現場

足ガクガクで何とか無事に上高地に到着。
Photo_126
ゴ〜ル!

沢山の観光客と一緒に河童橋まで歩く。
いやぁ〜何とも良い雰囲気です上高地は。
Photo_128 
河童橋の横のホテル前でおにぎり弁当とコロッケを買って川辺で食べる。ウマイ!
Photo_129
右手に河童橋、左手に岳沢から穂高の山々、贅沢なランチタイムです。
Photo_130
デザートにソフトクリームを食べもってのんびりバスターミナルへ歩きます。

バスに乗り込み、平湯に向かう途中で雨が降り出す。
よくここまで天気が持ってくれました。

平湯に帰りさっそく風呂です。2日間の登り下りで流した汗を流したい!
向かった温泉は神の湯、山の中の秘湯です。
Photo_131
いい感じでした。


今回、穂高周辺に初めて(junGONは初)来ましたが、とても良いところでした。
上高地はやっぱり素敵でした。
登っているとき、下っているときは辛くてキツイのに、下山して山をふり返るとまた登りたくなってるから不思議。
今度は槍沢あたりでのんびりテン泊でもしたいです。

その2へ     その1
〜junGON〜

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

9月9・10日 上高地〜西穂高 2

今回は上で一泊の予定です。
っていうか、ヘたれなんで一日で往復なんて無理。
西穂山荘があるけど、まだシーズンで混み混みだろうし・・ということはテン泊です。
山荘の隣がテン場になっているので、そこに泊まる予定。
ということは、ザックの中にテント・シェラフ・食料・水2Lが入ってる訳です。
『重い!』・・・う~
1_4

登ります。ひたすら森の中です。道には岩や根っこのトラップが無数に!
歩きにくい。
Photo_81

しかも人に会いません。・・もしやボクら二人だけか?
森の中なので景色が単調でツライ!
おまけに「あそこまで行って休憩ね」ってなポイントが見つからない。
山荘まであと何分とか、何キロとかいう標識もでてきませんから、どこら辺まで来たのかも検討つかずです。
2_1

そんな寂しい登山道を歩いていると一つの不安が・・
「絶対に熊おるよな?!」
そうですクマです。絶対どこかにいるはずです。
遭遇しないことを祈ります。出てこないでね・・・。

『宝水』という看板が出てきました。水場の様です。
水場といっても水道がある訳でなく、水がポトポト湧き落ちている処です。
この先水場は無しと看板に書かれています。
Photo_87
地図を見るとまだ半分!ショックショック!
とにかく登ります。汗かきすぎて出なくなってきた。

迷い沢とかいう怖い名前の沢を抜けます。
目印がなければ間違いなく迷いそうです。

Photo_88
やっと視界が少し開けたポイントに出ました。花もたくさん咲いています。

Photo_109
上高地・焼岳・西穂の分岐点です。時間的にもう少しのはず。

何やら人の声がしたと思ったら、突然小屋がでてきました。
『やっと着いた・・もうここで終わりにしようや・・』
登山道の静けさがウソのように沢山の人がいます。
僕らが着いたのと入れ替わりに、団体さんが上高地へ下りていきました。

Photo_110
山荘のレストランでテン泊の手続きを済ませ、テントを張ります。
一泊、お一人様500円なり。

もうここに着いた時点で気が抜けているわけです。
足痛いです、寝てないから眠いです。
時計を見ると11時45分、ここまで3時間45分かかってます・・遅っ!
そういえばハラ減った!メシ食おメシ。食ったら寝るぞっ・・・!弱
レストランで西穂山荘名物のラーメンとおでんを食べる。ウマイ
Photo_111
山荘レストランのメヌー
生ビール飲めますよ!800円

ご飯を食べたら何か知らんが身体が冴えてきたよこりゃ!
よし登るぞっと!
とりあえずいけるとこまで登りましょうということでスタート。
いるものだけ小さなパックに詰めて、身軽で行きます。

ちょっと登ると丸山です、で、この景色!
Photo_113
荷物は軽いし、身体も軽い。でもちょっと空気が薄いか?
Photo_114
こんなアプローチです。

おっ、見えてきました!
Photo_115
独標の上には沢山の人が。(右の平べったいピークね。2701m)
中央の尖っているのはピラミットピーク
さ~てどこまで行けるか?目指すは西穂高岳ですがね・・・

3へつづく     1へ戻る
~junGON~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

9月9・10日 上高地〜西穂高 1

岐阜の平湯温泉に着いたのは、9日土曜日の早朝6時前。
前日の金曜は夜11時まで仕事で、出発したのは深夜1時前。
寝ずに走って、平湯のあかんだな駐車場に着いた時点でグロッキー・・。

Photo_92 7時30分発の上高地行きのバスに乗り込む。
安房トンネルを抜け、急坂の釜トンネルを抜ければ上高地。
何を隠そう、初上高地です!
眠いのを通り越してテンション上がる。
写真で良く見る河童橋など見て回りたいけど、時間が押しているので下山時にと。

バスはもちろんハイブリット。

バス終点のターミナルまで行かず、帝国ホテル前で下車。
Photo_105
赤い屋根のホテルがステキ。
田代橋を渡り西穂高への登山口へ。
3_2
観光客の方に撮ってもらった。
4
河童橋方面の景色
なぜかカッコつけてる私ですが、
上に登らずにこの辺りのテン場でのんびりしてもいいな、とか考えてます。

西穂高へ登るほとんどの人は新穂高からロープウェイを使います。
標高2156mまで一気に行きますからね。

Photo_106

しかし!ガッツあふれる私たちはあえて、あえてですよ、下から登る!

Photo_108

登山口で登山届けを提出します。
8時出発で森の中の登山道を歩き出す。

とりあえず標高2385mの西穂山荘を目指す。
1_3
上高地の登山口から、標高差900m。キツイね。

2へつづく

〜junGON〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

寝不足

原因は「日本の名峰」シリーズ。
NHKで深夜0時10分から2時まで毎夜です。

北アルプス、南・中央アルプス、北海道・東北ときて
本日最後で、富士山・西の山々です。

見だすと止まらない。NHKめ〜!

〜junGON〜

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

たねや@mayuGON

以前にも登場した『たねや
本日は心斎橋そごうのたねやです。
ここ、そごうのたねやにしか売ってない品があるんです。

じゃ~ん
Annin
右はブルーベリーソースが、
左は黒糖のシロップが掛かってます。
何に掛かってるかって?

『杏仁豆腐』です!
お い し い です。

~mayuGON~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

夏がおわる

なんか涼しい。

Photo_79
8月最後の31日 朝の雲

静かに夏がおわります。

〜junGON〜


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »