« 9月9・10日 上高地〜西穂高 1 | トップページ | 9月9・10日 上高地〜西穂高 3 »

2006年9月13日 (水)

9月9・10日 上高地〜西穂高 2

今回は上で一泊の予定です。
っていうか、ヘたれなんで一日で往復なんて無理。
西穂山荘があるけど、まだシーズンで混み混みだろうし・・ということはテン泊です。
山荘の隣がテン場になっているので、そこに泊まる予定。
ということは、ザックの中にテント・シェラフ・食料・水2Lが入ってる訳です。
『重い!』・・・う~
1_4

登ります。ひたすら森の中です。道には岩や根っこのトラップが無数に!
歩きにくい。
Photo_81

しかも人に会いません。・・もしやボクら二人だけか?
森の中なので景色が単調でツライ!
おまけに「あそこまで行って休憩ね」ってなポイントが見つからない。
山荘まであと何分とか、何キロとかいう標識もでてきませんから、どこら辺まで来たのかも検討つかずです。
2_1

そんな寂しい登山道を歩いていると一つの不安が・・
「絶対に熊おるよな?!」
そうですクマです。絶対どこかにいるはずです。
遭遇しないことを祈ります。出てこないでね・・・。

『宝水』という看板が出てきました。水場の様です。
水場といっても水道がある訳でなく、水がポトポト湧き落ちている処です。
この先水場は無しと看板に書かれています。
Photo_87
地図を見るとまだ半分!ショックショック!
とにかく登ります。汗かきすぎて出なくなってきた。

迷い沢とかいう怖い名前の沢を抜けます。
目印がなければ間違いなく迷いそうです。

Photo_88
やっと視界が少し開けたポイントに出ました。花もたくさん咲いています。

Photo_109
上高地・焼岳・西穂の分岐点です。時間的にもう少しのはず。

何やら人の声がしたと思ったら、突然小屋がでてきました。
『やっと着いた・・もうここで終わりにしようや・・』
登山道の静けさがウソのように沢山の人がいます。
僕らが着いたのと入れ替わりに、団体さんが上高地へ下りていきました。

Photo_110
山荘のレストランでテン泊の手続きを済ませ、テントを張ります。
一泊、お一人様500円なり。

もうここに着いた時点で気が抜けているわけです。
足痛いです、寝てないから眠いです。
時計を見ると11時45分、ここまで3時間45分かかってます・・遅っ!
そういえばハラ減った!メシ食おメシ。食ったら寝るぞっ・・・!弱
レストランで西穂山荘名物のラーメンとおでんを食べる。ウマイ
Photo_111
山荘レストランのメヌー
生ビール飲めますよ!800円

ご飯を食べたら何か知らんが身体が冴えてきたよこりゃ!
よし登るぞっと!
とりあえずいけるとこまで登りましょうということでスタート。
いるものだけ小さなパックに詰めて、身軽で行きます。

ちょっと登ると丸山です、で、この景色!
Photo_113
荷物は軽いし、身体も軽い。でもちょっと空気が薄いか?
Photo_114
こんなアプローチです。

おっ、見えてきました!
Photo_115
独標の上には沢山の人が。(右の平べったいピークね。2701m)
中央の尖っているのはピラミットピーク
さ~てどこまで行けるか?目指すは西穂高岳ですがね・・・

3へつづく     1へ戻る
~junGON~

|

« 9月9・10日 上高地〜西穂高 1 | トップページ | 9月9・10日 上高地〜西穂高 3 »

コメント

想像を絶するヘビーコースですね。
僕なら登頂までに10回以上心が折れます…。

空気の薄いところで酒を飲むと酔いが早いといいますが、1杯で800円分酔えるのでしょうかww

投稿: なおきまん | 2006年9月20日 (水) 02時02分

>なおきまん
来てくれてありがとう!

まだ半分と知った時は愕然としましたよ。
本物の山好きの人からすれば入門みたいなコースなんですがね。

酔いが早い?う〜んそうかなぁ・・ただ、そこで飲む美味さは800円の価値があると思う。発砲酒でも800円出すかも。w

投稿: junGON(きんさん) | 2006年9月20日 (水) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71767/3432458

この記事へのトラックバック一覧です: 9月9・10日 上高地〜西穂高 2:

« 9月9・10日 上高地〜西穂高 1 | トップページ | 9月9・10日 上高地〜西穂高 3 »