« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

ドラマ 医龍 Team Medical Dragon

終わってしまいましたね、医龍。
個性豊かなキャストで、久しぶりに面白いドラマでした。
阿部サダヲがいい味出してたよ。mayuGONは坂口君のファンです。

・・って、まことに雑談、どうでもいい話でしたヽ(´Д`;)ノアゥア...
↓お口直しに美しい写真をドゾ!↓

Aki

AKさんの美しいサーフライディングです。・・足だけですが。
あ〜海に行きたい。

〜junGON〜


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

今年は台風が・・・・

もう6月下旬なのに、今年は台風が少なくない?
昨年は6月までで4つ発生してるけど、今年はまだ1つ。
海水の温度が落ち着いているのか?たしかにG.Wの高知は水が冷たかった。

Photo_56

※熱帯低気圧は海水温26〜27度以上の海面上で発生します。台風のエネルギー源は海水から供給される水蒸気が凝結して雲粒になる時放出される熱です。その後台風が発達するためには移動する海水温が約28度以上であることが条件です。


〜junGON〜

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

モンベルで富士山講習会

サッカー見てました?
みんな見てたと思いますが、日本vsクロアチアです。
ストレス溜まって疲れますね日本の試合見てるのは。
FWは何も仕事してないんでない?

本日、モンベル箕面店にて『富士山講習会』に参加してきた。
服装や持ち物など、富士山というか登山初心者にも解りやすい説明でした。
まぁ富士山って特殊で、日本一高い山なのに登山経験のない人がいきなり登ってしまう山なんですよね。
今回この講習に来ていた方も半分ぐらいはそんな方の様でした。
そんな私も富士山初心者です。笑
今まで3000mオーバーに登ったといえば立山の雄山・大汝山ぐらい。
そんな私が唯一心配していることは“高山病”です。
BCボードに行った時でも、アタマが痛くなったりすることがあるんですよ。寝不足の時はすぐやられてしまう。
富士山は3776m、かぎりなく4000m、未知の世界の恐怖ですよ。
何か高山病にならないコツみたいなのがあるんでしょうかね??

Ca330016
↑junGON&mayuGONのBCボードアドバイザーのグッチ店長。
☆まいにパックの説明中。

一緒に富士山に行く、こう☆まいは着実に道具を増やしてる様子。
本日は、☆まいがマチカチパックとライトシェル買ってた。
私はブラックダイヤモンドのLEDヘッドライトを買ってしまった!

さて、ブラジルvsオーストラリアです。

~junGON~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

スキージャンプ台

やってきましたジャンプ台!!
こんな近くに来たのは初めてです。
思ったより着地地点は斜度があるんですね。
TVで見ていると、もっとフラットなところに着地しているような感じだったが。
Photo_29

運良くサマージャンプ見れました。
ジュニアでしょうか?ノーマルヒルで練習していました。
K点に着地すると観光客のギャラリーから拍手!
Photo_55

今回はじめてグリーンシーズンの白馬にやって来たけど、実に楽しかった。
冬だとスキー場だけになりがちですよね?雪の道歩くの大変だし。
このシーズンだと、いろいろ散策したくなり、またそれが苦でなく楽しい。
これから山は雪が溶け、たくさん花が咲くことでしょう。
いや〜、また来よう。

Photo_50
遅い昼ご飯は、そば神。

〜junGON〜


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

〜猿倉〜小日向の湯〜

今日は八方池まで登ろうと予定してたが、あいにく天気が悪い。
八方尾根は雲の中です。
もし白馬山荘に泊まっていたら、真っ白な雲の中を栂池まで歩いてたんだろうな。
行かなくてラッキーだったのか、それも経験で行ったほうが良かったか・・・。

白馬を観光することに。
Photo_52
猿倉にやって来ました。ここから大雪渓は見えないです。
ちょうどツアーの人達が登って行きます。シューを持っていたから白馬尻あたりの雪渓散策かな?

Photo_54
猿倉荘でケーキセットをいただく。700円はリーズナブル?
天気が良くないこともあってか寒いです。
山荘のまわりにもまだ雪がある。白馬尻までは除雪してあるらしい。

二股にある小日向の湯まで戻ると温泉にお客はいません。行きはたくさん車が停まってたんですが。
今なら貸切か?!速攻で入ります。
Photo_37
男女とも誰もいません、最高〜!
誰もいないのをいいことに写真なんか撮ったり・・・・
モデルはわたしjunGONですが・・・・mayuGONのほうが良かった?

〜junGON〜


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

起き抜けの栂池サイクル!

栂池駐車場の朝、あたりが騒がしい。
見ると自転車がいっぱい走ってます!
Photo_37
栂池サイクルという結構有名な大会らしいです。
寝ぼけ眼で車から降りて急遽応援します。寝ぼけてるからピントも合いません。
国道沿いの白馬大池駅少し上がった辺り(標高 625m)からスタートし、

栂池ロープウェイ終点「自然園駅」 (標高 1,825m)

がゴールらしい。う~ん凄い!
全長/17.1km 標高差/1,200m 平均勾配/7.0% 最大勾配/10.0%
プロみたいな人から、女性、地元の体操服姿の中・高学生など、楽しそうな大会です。

ひとしきり応援したらお腹が減った。
Photo_40
グリンデルで朝ごはん。
本日は朝からポツポツと雨が降る天気。
山は雲がかかって見えません。
ご飯も食べたし、猿倉でも行ってみようか。

~junGON~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

白馬で晩ご飯−白馬飯店

山から下りてきて、すっかり恐怖から開放されたところで晩御飯でしょ!
気分は早くも観光客。
白馬駅前へ車を走らせている途中で、美しい景色に・・・
Photo_35
山が夕陽に・・・う〜んサンライズ!でなくってサンセット!
これを見たとき、やっぱり白馬山荘行けばよかった・・・
山荘でこれ見たらさぞキレイだろう。
・・・・でもこの時間に着いていただろうか・・・・?

で、晩御飯はいろいろ迷った挙句、白馬飯店。
Photo_36
写真の料理はほんの一部、けっこう食ったよ、うまい!
店のアロワナが妙に気になった。

栂池の駐車場に戻って、おやすみ。
2日分の駐車料金を最初に払ったもんで。

〜junGON〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

白馬トレッキング・・正直怖かった

実のところ、大雪渓から白馬岳に行き、まだ空いているであろう白馬山荘に泊まるはずだった。
が、しかし皆さんご存知のとおり今年は雪が多く、大雪渓もまだ雪渓でなく普通に雪山だという情報。
10〜12本アイゼンがあったほうがよいとか、最後の登りがキツイとか、ピッケルもってますか?とか、落石怖いとか言われてビビる。そういえば去年土砂崩れあったな・・・。
なんせ行ったことないし、滑りでないし、6本アイゼンしかないし、ピッケルもないし、怖そうだし、止めよう!
で、栂池からなら行けるんでないかい?白馬乗鞍経由で小蓮華〜白馬岳。
白乗なら冬に何度も登ってるし、そこから先の稜線に雪は無いし。

〜〜〜・・〜〜〜・・〜〜〜・・〜〜〜・・〜〜〜・・〜〜〜・・〜〜〜

Photo_41
朝一、ゴンドライヴに乗り込む。夏のゲレンデは実に爽やか!


Photo_42
ロープウェイに乗り継ぎ、自然園へ。

自然園周辺、まだまだ雪は残っています。
当然夏道ありません、冬の滑りで上がるのと同じルートで天狗原へ。
Photo_43
雪がゆるくアイゼンがあまり効かない、シュー持ってくればよかった。

しかし、ここを登っているのはウチを入れて3グループ、8人のみと寂しい。もっと人出があると思ってた・・・、内2人はスキーで天狗原から下りて行ってしまう・・・。

Photo_44
天狗原の祠あたりでは雪が無くなってる。

ゆるい雪の登りにてこずり、けっこう時間をロスしてます。
白乗の急斜面ではしっかり踏まないとズルズル落ちて行く。怖い〜!mayuGONは半泣きです。
Photo_45
どうにか白乗の稜線に着く。雪の切れ目はハイマツのバリケード、狭い夏道をくぐりトップのケルンへ到着、この時点で12時。しばし休憩ののち白馬大池に向かいます。

で、なに!この白乗の夏道は?ただの岩場?正直しんどい!
そのしんどい岩道を大池のふちまで行くと、道が無くなってます。雪が塞いでいるのでした。
池の淵のちょっとキツイ雪斜面を大池山荘までトラバースです。
Photo_46
その山荘が雪に埋まってます、っていうか雪でつぶれてます!?
それを見て何故か恐怖心がジワジワ湧いてくる。
なんせ辺りには二人以外誰もいない・・・、小蓮華へ続く尾根筋を見ても誰もいない・・・、しかも小蓮華の尾根には雪がついているのが見えるし・・・なぜか怖さ最高潮!正規のルート上なのに遭難している気分。
冬から春先、このあたりで遭難死亡事故けっこうあったよな、とか思いだしたり・・・。
13時前、ここからは初めて行くルートになるし、しかも先の尾根には雪・・・小蓮華まで行ってダメなら引き返す時間もない。mayuGON雪道はコリゴリですって顔。
決断、ここまで! 残念だけど引き返そう・・・また来ればいいさ、と勇気の決断。だって何故か怖かったんだよぉ・・・このやろ〜!

白乗への岩道を登り返し、ケルンでご飯タイム。
すっかりと、のんびりトレッキングになってます。

Photo_47
白乗の急斜面をビビリながら下りるmayuGON

Photo_48
まだ滑れるよ〜とテレマーカー

途中で年配の方に白馬の山の話を聞いたりして、勉強になりましたですハイ。
Photo_51
ロープウェイ乗り場に着いたのは、最終便の出る少し前でした。ノンビリしすぎだわ。
自然園散策のお客さんがいたけど、まだほとんど雪だったのでは?

自然園駅前でなぜか自転車?しかもレーサー?何か大会があるらしい。
Photo_49
栂の森を降りたところに水芭蕉。

ゲレンデベースに降りてきて、最後は栂の湯でさっぱり。

板を持たない雪山、なぜか怖いと思った・・・、なぜでしょう?やっぱり歩いてわかるものでしょうか。う〜ん、まだまだだわ・・・・。
雪の急斜面を歩いて下りるのは、滑って下りるよりもスリルがあって楽しいかも。
大雪渓・白馬岳・白馬山荘はまたの機会にとっておきましょう。
でもハイシーズンの山荘はやだな・・、テン泊か?!

〜junGON〜 ※写真は全てクリックで拡大します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

富士山アタック!!

ひょんなことから来月、富士山に登ることになりました。
眺める山だと思っていたんですが・・・・・・
登ったことのある方アドバイスをよろしく。
バスツアーなんですが。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
☆スケジュール
関西各地 ⇒ ⇒ SAにて昼食 ⇒⇒ 富士山五合目 登山開始******八合目山小屋(仮眠)

【集合場所・時間】
●神戸: 7:10集合 ●なんば: 7:20集合
●新大阪: 7:50集合 ●京都: 8:50集合
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2日目 八合目山小屋 AM1:30頃出発******富士山頂上(ご来光) 約1時間程休憩 下山****** 五合目 AM10:00頃着 ⇒⇒ 温泉&食事 ⇒ 関西各地(JR京都21:00頃 JR大阪22:00頃 近鉄難波22:30頃) 到着後解散
【ご注意】
天候等の事情により、途中での登山中止、ご来光が見れない事等ございますが、予めご了承下さい。
交通事情等により、予定時刻より大幅に前後する場合もございます。予めご了承下さい。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

けっこうハードなスケジュール!
歩くのが夕方〜夜中で、暗い中歩くのはつらそう・・・。

〜junGON〜
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

6/4sun・伊吹山

昨日購入したトレッキングシューズの試し履きに選んだのは伊吹山。
大阪から近く、冬に滑りに行ったこともあり、なんといっても百名山。
こう☆まいにとって本格的な初山登り。・・・あ、去年の夏に立山いったか。
そういうわたしも夏山はあまりやりません(゚з゚)プー
この方面はmayuGONがエキスパート!
『mayuGON、夏に伊吹登ったことある?』
『あるよ!車で・・・駐車場から山頂まで15分ぐらいで登れるよ。』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

いざゴンドラに乗り3合目へ。Photo_20Photo_25 冬のシーズンでいうゲレンデベースです。

夏のゲレンデも素敵です。あたり一面グリーンと鳥の鳴き声。見上げると伊吹山が誘います。
Photo_33
実は以前、冬にmayuGONと登ってます。頂上付近は結構な斜度で、滑り出すのに躊躇した思い出が。

天気も良く順調に登っていきます。
板を背負ってないので軽い軽い。それでも汗は噴き出す。
Photo_34

シューズも快適、ちゃんとしたトレッキングシューズはこんなに楽なんや!それなりの値段は納得。と関心する三人。
Photo_35

標高が上がるにつれて、☆まいが少し辛そう。
mayuGONは後ろで花や景色の写真を撮ったり、さすがに余裕です。
人も結構多いです。やはりブームか若い人も結構登ってます。
8合目あたりから少し急登なガレ場があったりでなかなか面白い。
Photo_36

頂上到着。
車でも上がれるので人が結構いて賑わってる。
頂上の三角点を探すが頂上らしき物がたくさんあってわからん。
Photo_38 
端っこにコッソリありました。
ご飯タイムです。
Photo_39
Hana_1




山頂は少し風があり寒い。

小一時間ほど山頂でのんびりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そろそろ下山しましょう。

下りのほうが足にきますね。いつもは登った後は滑るだけだし、歩いて降りるのは慣れてないのでききますね。
Photo_2
このトレッキングシューズ、下りのほうが威力を実感できますね。ゴツゴツの岩場も苦にならないです。
降りるのは早いですね、どんどん高度が下がってゲレンデに戻ってきました。
Photo_40
ゴンドラ乗り場に到着、おつかれさん。ここまで降りるとやっぱり暑い。

ゴンドラで駐車場まで降り、お風呂へ向かいます。
薬草の湯はいままで空いていたことないですね。今日も混んでます。
伊吹ツアーの〆は『伊吹ハム』で焼きフランクです。うま〜



帰り、吹田からそのままモンベル箕面店へ。
こう☆がいきなりザックを購入!定番のチャチャパック35Lです。
すっかり山にハマッてしまった様子。頭の中は富士山で一杯!?
18日はモンベル箕面店で富士山講習に参加。で、今度は☆まいがチャチャかマチカチを購入か!?今回の伊吹山は参考になったかな?

〜junGON〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

6/3/sat・トレッキングシューズ

『富士山に登るための靴がほしい』
こう☆まいが7月に初富士山をやるので、靴・ザック・レインウェアなど揃えるぞ!、ということで付き合うことに。
鶴見のアウトレットモール・ブロッサムへ行くも、めぼしい靴がなかった。
しかたなくモンベルでザックやレインウェアなど欲しい物にアタリをつけるこう☆まい。
付き添いで買う物なくても購買欲が湧いてくるからヤバイ。

東大阪に戻り、スポーツ用品店ゼビオへ。ここで型落ちのSale品、なんと半額を発見!
サイズ合うのあるかな・・・?
ノースフェイスやメレルやキャラバン、が並ぶなか、後光のさす靴を発見。
ASOLO(アゾロ)のシューズで定価2万7千円が半額以下!もちろんGORE-TEXでサイズばっちり。
もともと靴の予算は1万ぐらいだったらしく、このASOLOに決めるこうさん。

まいはキャラバンでサイズがあったらしく、試し履きしてウロウロ。
が、店員さんにそれ男性用ですよと指摘される。同じもので女性用も履くが、どうも男性用がしっくりくるらしい。こちらもGORE-TEXでビブラムソールです。

Sale品のASOLOがもう一足だけあったので自分で履いてみた。
こうが買った物とモデルは違うが2万6千円クラスでサイズもぴったり。
あ〜、履くんじゃなかった!次の瞬間、店員さんに『これください・・』
Ca330014_1
最後の一足だったし、いま履いてるノースも古くボロボロだし・・・・・

手に入れたとなると使いたくなる。
急遽、明日の日曜日に伊吹山へいくことに。

Ca330015
本日の御飯は『ちゃんこ一番・吉在門』

〜junGON〜


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »