トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

最後の冬型かい?

おいおい、なんだかとっても寒いんじゃない。
全国スキー場のライブカメラを見ると、うししぃ♪降ってる降ってる。

この寒さ、粉雪好きなら一週間前に予想済み?(してた?)
午前中、大阪に雨を降らせた低気圧が東へ抜けたら西高東低。
天気図見ると、タテのしましま。ほら来た!冬型。
1143683497_490x368_3
※写真は本日30日の白馬五竜 「Snownavi」より。

さ〜てさて、最後かもよ ゲレンデパウダーは。

〜jungon〜


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

G.WはTシャツアート展

南国土佐は高知県に大方町というところがあります。
ボディボードするのに通っている土地でもありますが。
そこに「砂浜美術館」なる物があり、年に一度G.Wに「Tシャツアート展」なる催しがあります。T_2
一般から作品を募集し、それらをTシャツにプリントして、洗濯物を干す様に一斉に砂浜へ並べ展示するという催しです。
ここの浜がもうね、素晴らしくキレイなんです。松林、砂浜、海、山、空のコントラスト、一日中そこでボーっとしていてもあきない私です。あ〜行きたくなってきたよ。
作品募集の締め切りを一日前に思い出し、慌てて作品をつくり応募しましたよ。
作品の優劣を求めるコンテストではなく、たくさんの作品が美しい浜に並んでいる景色そのものが作品なんですよね、きっと。
「あったTシャツ!」と記念写真を撮るG.Wが楽しみです。
あっ、もちろん波乗りも。それと「カツオのたたき」もだわ!w

〜jungon〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

mont-bellへお買物

何も予定がないのでモンベルに行ってきた。
いろいろ良くしてもらっている、滑り大好きな店長のいる南港ATC店へ。
グローブの指先が破れたので、アウターを買うのと、栂池で目撃した(された?)エアボードのグループのことを詮索してみようと。
ATCの中に入ってビックリ!6階はモンベル以外ほぼ閉店している!こんなことでいいのかATC?ていうか大阪市か。6400
モンベルも閉店らしく、この日が最後の日曜日とのことでちょっと寂しそうな店長です。
そんなもんだからグローブなどは片付けられていて買えないが仕方ないね。
問題のエアボードグループは、やはりスタッフだったようです。そんなことなら声を掛けてやらせて貰えばよかった。

店長は箕面へ移動らしいので、これから箕面へちょくちょく通うことになりそう。

〜jungon〜

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

3月19日 白馬2日目

明け方に目を覚ますと外から雨音が・・・風も強そう。ダメだなとまた眠る。

再度目を覚まし外を見ると雪に変わってた。雪遅いよ!とツッコミをいれる。相変わらず風は強い。
本日は午前券で滑る予定にしていたけど、ゴンドラ1本だけ滑って帰ろうと予定変更。
風が強いのでゴンドラが動いているかスキー場に問い合わせてみる。「大丈夫ですよ」

満車の看板が出ているけど「入れ入れ」と誘導され無事に駐車。
ゴンドラ片道券を買い、長蛇の列に並ぶ。
そこで相方が何やら発見。見るとエアボードを持った人達がいます。エアボードとはボディボードの様に腹這いで雪面を滑降する遊び道具です。アウトドアショップのmont-bellに行くと置いてあります。こんな珍しい物持ってるのはきっとmont-bell関係者?熱い視線に気付かれ見返されます。何をかくそう私と相方のウェアー上下はmont-bellです。きっと関係者?と思われ逆に熱い視線を貰いました。w

長いゴンドラを降りてみると雪が結構いいんでない!これは自然園まで行けば期待できるかも。とロープウェイ乗り場へ。風と視界の悪さで止まってると思いきや、運行してます!ラッキー。
乗車時間待ちの間ふとパークゲレンデを見ると、エアボードやってますよ。いやぁ楽しそう、ほぼチョッカリなのね。ちょっと怖い?Photo_27ロープウェイには2人のみ。朝は運休していて、これが2本目と同乗したスタッフが教えてくれた。

自然園は吹雪です。結構積もってます。少し登りたいけど装備がないのでツボ足じゃ無理。天狗方面へ上がろうと出発するグループがいたので「いってらっしゃい」と見送る。その踏んだ跡を借りてほんの少し尾根にあがる。沢を滑り出すとこりゃ最高!2人でヒュ〜ヒュ〜叫びながら短い区間を滑って終了です。最高でした。

朝食べていなかったので腹ぺこ。こんな時はグリンデルでしょ!Photo_30
満腹になり岳の湯へ行くと、WBCやってます。3度目の韓国戦で福留が丁度ホームラン打つところ!
打った瞬間に「いったぁ!」と叫んだら、その場にいた地元の爺ちゃん婆ちゃんが一斉に振り返ってビックリ!「いやぁ、あの、はいりました・・」

道の駅で豚まんを食べたのはお約束。

〜jungon〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

3月18日 白馬乗鞍岳-後編

 乗鞍の斜面に取り付いて周りの人を見るとほとんどがヘリツアーの方々、ツボ足に板を手で持ち登って行きます。みんな楽しそう、僕は苦しそう。
ヘリの音がして、振り返り見下ろすと天狗原に着陸するところ。
「あんな処に降りるのね」
Heri_2 そしてまた離陸と思いきや、こっちに向かってくるではないかい。私のすぐ右横をゆっくりホバーリングし、まるで観察されてる気分。今度は少し離れぎみに前を登る相方の横でホバーリングしたかと思えば、前に出て加速!突風と雪煙が相方を襲い、耐風姿勢で「殺すきか!」と竜ちゃんばりのリアクション!
 目的の頂まであと少し。相方はすでにたどり着いてる様子。ハイクに馴れる訳でなくだらだらと歩く私。腹減ったと感じる余裕はありますよ。
どうにか山頂にたどり着き、相方と達成感に浸ります。苦しかった登りのことはこの時すでに忘れてますね。いつもながら不思議です。
 山頂は風が強く寒い。黒い雲が近づき、雪がふりだしました。速攻で御飯を食べてエネルギー充填です。2_4景色を楽しむ間もなく、滑る準備にかかるのでした。
ドロップポイントを探して歩いていると、足下がツルツル滑る!気温が下がり雪面が凍りはじめてる。怖いので無難な場所からスタートすることにし、斜度のあるところまで出る。Photo_22雪質は・・・ダメだわ、かた〜い!前日に雪が降ったとは思えない!。固い雪と、久しぶりの急斜面にビビリながら滑る。ゴワァォォゴワァォォと固い斜面を滑る音。
あっと言う間に天狗原かと思った次の瞬間「うぁっ!」天地が回ってますよ。雪面が風で波打ってたのだ!気づかず突っ込み前方大回転サービスです。
天狗に滑り着き相方とハイタッチ。見ていた相方が、きれいな着地だったと言ってくれました。
天狗から下の斜面は風でガタガタ、滑りにくい。雪がほぐれ滑りやすくなったのは自然園駅の手前ぐらいから。沢の中は実に快適で左右の壁をグリングリン楽しむ。栂の森までの林道を途中ショートカットして下りていきます。いや〜楽しい!Photo_24Photo_31ゲレンデにたどり着き終了。あとはゲレンデをイッキに滑る。これはいつもながらバツゲームみたいなもんで、足のダルさに耐えるのが目的。華やかな栂池タウンに戻ると雨が降り出しました。
 白馬駅前いつもの案内所で今晩の宿をとり、ラッピーに向かいます。いやぁ繁盛してますねラッピーは、凄い人でした。
ガーデンの湯で風呂に入り、晩飯は松の木です。このころ雨は本降りになり、今晩五竜で花火を見に行く予定をしていたが残念!っていうか、ビール飲んだら最高に眠い!宿に帰りソッコーでおやすみなさい。zzz・・

〜jungon〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月18日 白馬乗鞍岳-前編

「♪チャラララ〜ン・・♪チャラ・・」
携帯のアラームが鳴ってる、ということは6時半で、ここは梓川SA。
シェラフの中は実に快適、起きれるはずなんてない・・・
 「ドン!」隣の車のドアを閉める音で再度目を覚ますと、SAは人と車で混み混み。
「7時過ぎてるし!」朝イチのゴンドラ乗車希望は、夢から覚めたところで夢と消えたのでした。
開き直ってSA内のドトールで朝ご飯&車に給油して(ガソリン高い!)豊科を下りる。
雪の無い快適な道を走り栂池に着くともちろん無料駐車場は満車です。
有料に入ろうとすると係りのオッチャンが「その車を出すからそこに置いて」とゴンドラ乗り場に近い無料スペースを空けてくれた。満面の笑顔で『ありがとう!』。
 ゴンドラ乗り場にくると大渋滞です。
自然園までの片道チケットを買い、入山届けを提出し列に並ぶ。
出遅れたので同じ様な目的の人達はさすがにいませんね。自然園散策の方々がチラホラいるぐらいです。
しかし山系の人達も最近はシューなんですね。なんとなくアイゼン・ワカンというイメージが。しっかりシューが普及してます。
 ゴンドラに乗り込みます。苦手なんですコレ。
1人や2人で乗るのはいいんですが、6人乗ると息苦しいし、まして進行方向と逆向きに座れば軽く酔いますよね。
シューとストックのついたザックと板を持って乗り込むのも大変。以前、滑り仲間のTOMが170cm、私が164cmの板を持って中間駅から乗り込だ時は「他のお客様への迷惑行為」そのものでした。
Nobori_1 ゴンドラを降りたら次はロープウェイです。こっちは快適、あっという間に自然園です。
 さ〜てここからが本題ですよね。今シーズン初のBCです。
いよいよ登りますよということで、板をザックにつけたり、ストック出したり・・なんか要領が悪い。今シーズン初でちょっと忘れてますねやっぱり。
準備も整い(ザック重〜い)いざ出発!とりあえず天狗原目指します。
天気は最高、ジャケットも脱いでザクザク歩きます。白馬の山々がとてもキレイに迎えてくれてます。
しかしそんな景色を楽しんでるのもつかの間、息が上がってきます、心臓もバクバク!景色見てるフリして休んだりします。天狗原の斜面を見るとゲレンデの様なすごい人です。P3180031_1 ヘリツアーがあるのでバンバン人が入ってます。
歩いて登ったほうが価値ある一本を・・・言わないでおきます。
天狗原の祠に到着するとたくさんの人がいます。白乗の斜面を見るとこれまた沢山登ってます。
ここで食事と思ったけど、どうも天気が怪しいので白乗に登ることに。
後編へつづく-Photo_21 天狗原から見た白乗。黒い点々は全部人!クリックで拡大

〜jungon〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »